人生終了かもしれないブログ

好奇心が生まれたての女子大生です。できることならなんでもやってみたい。

ハプニングバーに行ってきました


ごきげんよう


改めましてハプニングバーのレポの続きですが、

中身がそれなりに過激になっているためご注意下さい。


それではいってみよう☆


まずバーを見て衝撃だったのが半裸のスタッフさん(男)がいたことです。


このお店のスタッフさんはお客さんにコスプレを勧めるため、スタッフさん自身がコスプレをしている方が多いです。

女性の方は際どいセクシーな衣装やドレスなど、男性は半裸とか…色々…(後ほど話します)でした。


1階のバーの席に男私男のような形で座り、

それぞれ一体一でお話しました。(ほぼインタビュー)


まず初めに話したのは左側に座っていた眼鏡をかけた30代の男性。

席に座った時ノリ良く乾杯してくれました。

この方とは初めて来ました〜とか挨拶程度の会話をして、席を立たれたので



右側にいた別の20代の男性とお話しました。

こちらの男性に色々話を聞いたのですが、


「俺人が多い時だったらとりあえずち〇こ出してるよ今日は人少ないから出さないかな。」


がなかなかの衝撃でした。

この方は最初友人と二人で来て、気付けばハプバーに通うようになり、今では週一のペースで来られているそうです。

実際店内で会った女性と何度かハプニングを起こしているのだとか。



そんな彼の話を聞いていると、左に何か気配を感じました。


チラッと見ると60代位のおじいさん?が座っていることが確認出来ました。



その後違和感をおぼえ、再度少しだけ横を見るとそのおじいさんが






シコっていました。





みなさん隣で赤の他人がシコっていたことはありますでしょうか?




私は経験しました。(もう二度と嫌だ)




中高大女子大生で女に囲まれていた私からしたらもう


?????



と頭が真っ青になっていました。 (頭が真っ青とは)



おシコリおじいさんを発見後はずっと右だけを見ていました。



するとおじいさんはフラフラとトイレへ向かい、そのあとは知りません(知りたくもない)



右にいた男性曰く、



「このおじいちゃん常連さんでいっつもシコってるよ(笑)あとさっきみたいに見て見ぬふりされるのが興奮するらしい。」


との事で



ハプバーの強さを身に染みて感じました。




ダラダラと話していると時間が10時に近付いており、


カップルなどが入店し、店が少し賑やかになりましたが、


一応日付変わるまでに帰宅をするという(アホみたいな)門限もあるので、もう少ししたら帰ろうかな〜と思っていた時



私の後の推しとなるスタッフさん(男)が入れ替わりでやって来ました。









スク水で。








めちゃくちゃテンションが上がりました。(私も結局変態かよ)




いやあのその言い訳をさせてもらうと、



4.5年前から私はYouTuberが大好きで、



禁断ボーイズという過激系YouTuberのメンバーいっくん(男)がスク水を着て渋谷でマナー違反をぶった斬るみたいな動画(スク水で外出るのもマナー違反ではないのか)が大好きで、





しかも顔?雰囲気がこれも夕闇に誘いし漆黒の天使達というYouTuberのグループのメンバーの千葉に似ていて(溢れ出るYouTuberオタク感)



めちゃくちゃテンションが上がったんです。


ただ、スタッフということもあり、


他のお客さんとお話をしていて私は眺めるだけでした。(気持ちが悪すぎる)


気を持ち直し、他にもいろいろ話してみようと、


右に座っていた男性の奥にいた40代くらいの男性(YouTuberのジョージを10歳老けさせた感じ)(俗に言うイケおじみたいな感じ)と話してみました。


ジョージ似のその男性は私と話す前にショット3杯を自主的に飲んでいたので若干酔っていましたが、私のバイトや親の愚痴などを聞いてくれました。


その男性と話しているとスク水のスタッフ(推し)も話に入ってきてくれて、


せっかく来たんだしコスプレをして帰れば?と言われ、中高セーラーだったことからセーラー服のコスプレを勧められ、


推しが勧めるんだし着ざるを得ない…


20歳になった私はまたしてもセーラー服(コスプレ)を着ることとなりました。


着替えのためロッカールームに上がると、


そこでは30代と40代の男性2名が着替えながらヒソヒソと話しており、


「薬の効き目がでてきたかもしれない」


などとと聞こえてきて恐怖心が煽られました。



シャワールームの所で着替えて1階へ降りようとしましたが、使用者がいると開放される3階(プレイルーム)が解放されていたので見に行くことにしました。


そこでは先程来ていたカップルとおじさん3人がSMルームでイチャイチャしている光景が広がっていて


なんとも言えないものでした。


(好きな人は好きだと思う)


これ以上見るのも良くないと思い1階へ。


めちゃくちゃ恥ずかしかったんですが、



コスプレした女性にはプレゼントがあると聞きおお喜び。


石けんやパック、シミ取りだけでなくピンクロータまでありました。

(スタッフさん曰く、「世の中の男性はピンクロータでイかせられると思ってるけど、普通イかないよね?」との事でした。)

私はミニーちゃんのリップを選びました。(900円くらいするやつ)


再び1回に戻ってきたのですが、入れ替わりで新しいスタッフさんが入ってきていたみたいで、


20代にしか見えない32歳のお姉さんや


コスプレ?衣装?から明らかにち〇こがはみ出しているスタッフさんもいました。



お客さんもだんだんキャラが濃くなっていて放課後電磁波クラブのような服を着たおじさんや、やはりち〇こがはみ出してしまっている服を着たおじさんなどがいました。



冬なのに開放的でしたねとても。



他には1人で来られているナースのコスプレをされていた女性の方を発見したので直ぐに話しかけに行きました。


大学生に見える若くてかわいい女性は社会人でたまに仕事帰りに来ると言っていました。


その女性と軽食として春雨スープを頂いていましたが、周りにいる男性がその女性と話したそうにしていた(狙っていた…?)のでそそくさと退散し、


先程話した男性(ジョージ似)の元へ戻りました。


また話していると、

「もしかしてあのスタッフ(推しのスク水)気になる?」と聞かれて


正直に推せるようになった経緯を話しました(アホかよ)


そうしたら酔っ払ったその男性から


「じゃあ〇〇くん(推しのスク水のスタッフ)とキスしなよ〜せっかくだし〜」


と煽られ、



大混乱。


とりあえず酔っ払えば何とかなるでしょと思い(最低)


ここから怒涛のショット祭りが始まります。


1人で飲むのもアレなので、


キスを煽ってきた男性とたまに推しのスク水のスタッフで乾杯して


何杯か飲みました(たしか5~6杯)


めちゃくちゃ飲んだ(帰って吐いた)



時間ももう門限をほぼ過ぎてしまう時間となっていて、そろそろ帰らないと行けなくなった頃、


ちょういい感じになってきたので


今なら大丈夫。心は決まったと男性に報告。



フロアの物陰に移動しました。(ノリノリかよ)



ちょっとしたら推しのスク水のスタッフさんがやって来てくれて、大学四年生(美大)(吸ってるタバコはたぶんラキスト)ということが判明し、



本当は怒られるそうなんですが


接吻させて頂きました接吻…(書き方がクソ気持ち悪い)(滅びろ)


(スク水とセーラーで接吻とか楽しいかよ…)(?)(少し目覚めかけたハプバー魂)



そのあとできることなら俺もしたいと言っていたので推しとキスさせてくれたお礼(?)に男性(ジョージ似)とも接吻して(ちょっとプレイルーム行きになりかけた)(危ねぇ)


さすがに終電ギリギリだったので退散しました。




お酒に酔って、色んな経験をして、そんな後に見た渋谷の街は


今まで見ていた渋谷より艶やかに見えました。(何言ってんだこいつ)



長々とありがとうございました。


改めて好奇心でハプニングバーに行きましたが、


私個人の意見ですが、正直好奇心で、かつ1人でハプバーに行くことはあまりオススメしません。


人のプレイを見たり、誰かとプレイするのが好きな方はオススメだと思います。



好奇心で1人で行ってしまった私にはなかなかハイレベルでした。


そんな経験したんだし、


もう行かないでしょ?


と思うかもしれませんが、


推しができたのでいつかまた、潜り込んでしまうかもしれないです。


いくならブッチした友達と一緒に行きたいですね(行く気満々で草)


改めましてありがとうございました。